どうしていこうっかな?

お越し頂き、ありがとうございます。

日本語英語な主題歌がイイ感じ☆  ~映画「ロボジー」~

 2月21日修正。
 監督の名前を間違えて書いていた為、修正しました。

 2月25日 細かいところが変だったので、修正しました。
 

 *ネタバレなしで書いています。


今月の7日、妹と一緒に「ロボジー」を観に行ってきました。

「ロボジー」のレビューに入る前に
「ロボジー」を観に行く数日前、上映時間を確認したらば、知らない作品が沢山。
その知らない作品の中で、妹から内容を聞いて気になったのが「宇宙人 ポール」。
内容は、ある日のドライブ中、ヒッチハイクしてる人を見かけて乗せてあげようと思ったら
ヒッチハイクしていたのは人ではなく、宇宙人!?っていう内容の作品なんですが、面白そうだなーと。
「ロボジーじゃなくて、宇宙人ポール観ようよ」と妹に打診してみましたが、却下されました。
前にも同じ事があったような・・・?



前振り終了。



「ロボジー」の簡単なあらすじは、定年で仕事をリタイアしたじーさんが暇潰しで受けたオーディションがキッカケで、人生が一変した話。


「ロボジー」の感想は、「ウォーターボーイズ」や「スイングガールズ」

続きを読む

フィル・コリンズ


私は、フィル・コリンズという歌手の方が大好きです。
「フィル・コリンズ」の名前でピンと来ない方は


このCMだったら、観た事ある人は多いと思う。
 
このCMで流れている曲を歌っている人です。

洋楽が好きな人であれば、この曲なら聴いた事ある人も多いと思う。
他に、ディズニーアニメ「ターザン」「ブラザーベア」の楽曲全般を手掛けています。
主題歌を歌っているのも、フィル・コリンズ自身。



私がフィル・コリンズを知った最初のキッカケは、ザ!世界仰天ニュースでした。
ザ!世界仰天ニュースで、ニューヨークテロ事件の時の事を取り上げた時
途中で流れていた曲と歌声に、私が聞き入ったのが始まり。
テレビでフィルさんの曲を耳にしてから半月経った頃、母と車に乗っていた時ラジオで流れた曲は、私が聞き惚れた曲でした。
この時、母がフィル・コリンズを知っている事が分かったので
気の長い私は更に半年も経ってから、母から名前を聞いて彼のベストアルバムを購入しました。


それからと言うもの
母と私の2人で、どっぷりとフィルさんに惚れ込んでしまい
彼のアルバムは瞬く間に増えていきました。
私と母の間では、フィル・コリンズの事を親しみをこめて「フィルおじさん」と勝手に呼んでいます。
フィルおじさんの歌声を聴いてると、落ち着きます。


瞬く間にアルバムが増えた割には
まだ持っていないアルバムが数枚あるけれど、いずれ全部買うつもり。


ICO ~スター・ウォーズ!~


この記事の前にも、イコの記事を書いています。
興味のある人は、読んでね!!
     ↓
  ICO ~ネタばれなし~

 ※この記事もネタばれなしです。


サブタイトルが「スター・ウォーズ!」となっていますが、理由はプレイすれば分かる。
気になる人は、ICOを実際にプレイしてみよう!!


さてさて、ネタバレなしの本文の始まりはじまりぃ~~。

 

「ICO」を最後までプレイして半年以上も経ってから、この記事を書いてます。
最後までプレイして、ネタバレなしで思う事。。。


2週目で、謎の少女とお話できると思って凄く期待していたのに!!

続きを読む

kiroro 冬のうた


寒い毎日の真っ只中な今だから、聴きたくなってご紹介。

DJ気取り 3曲目

私にとっての「描く」という事。


私にとって絵を描く事は、かなりのエネルギーが必要。
絵を描く事は好き・・・だと思う。多分。
今まで、調子の悪い状態の時の方が多く、絵に限らず
何をするにしても楽しくなかったり、苦痛でしかなかったり。
ただただ途方に暮れてボーーッとしてしまったり。
★酷い時には、つい数秒前に言われた事ですら忘れてしまうような状態にもなりました。
そんな状態がほとんどだったので、楽しく絵を描ける時は限られていて
「私にとって絵は見る専門の対象であって、描く事は嫌いなんじゃないか?」
と思う事もしばしばあったけど、たまぁ~に来る調子のいい波の時に絵を描いてみたら、楽しくて楽しくて仕方がありませんでした。
去年の終わり、比較的調子が良く楽しく絵を描いていられました。
今年になってからは、時間が割けずに絵は描いていないけど、今年は調子のいい日が多かったらいいな☆と切に思う。


それと
だからなのか、精力的に様々な表現が出来る人には、強い憧れがあります。
絵画でも、漫画でも、ダンスでも、パントマイムでも詩でも。



絵だけでなく、体調をみて勉強もしたいです。
今まで、勉強どころではない時が大半だったもので。


 ★の補足。
精神疾患の方は、認知症の方と似た状態になる事があります。
専門家ですら、認知症なのか精神疾患の症状でなっているのか診断が難しい程。
・・・と、数年前、どこかで読んだ。

コメント ありがとう
記事検索
月別アーカイブ
ウェブ本棚
ブクログ
livedoor プロフィール
グリムス
  • ライブドアブログ