9月11日で、24歳になりました。
今回の記事では、24歳になった自分への課題があるので、記事にします。
この課題は1年上の、長い時間がかかる事が目に見えていますが
これから私が生きていく上で絶対に必要なことなので、時間がかかっても身につけたいと思います。


私が時間がかかっても身につけたい事とは、「自分を大事にする」事。


どういう事かというと私は、自分自身に対して自虐的です。
随分長いこと嫌な思いをして過ごしてきてしまったので、嬉しい事が起きた時には逆に、不安になる。
嬉しい事があればもちろん、嬉しくもなるけど次の瞬間、とてつもなく不安になる。
嬉しいなら、嬉しいままで喜んでればいいじゃない!!と、自分が嫌になる。
そんな私ですがここ数年、私は自分を大事に出来るようになる事が必要だと思うようになりました。
でも「自分を大事にする」って、私はよく分からない。


人の事は一切省みず、自分の事だけ考えているのは、自分を大事しているとは言えない。
逆に、自分の事は後回しで人の事ばかり大事にするのも、違うと思う。
自分を大事にする事は、自分以外の人を大事にできるようになる事にも繋がる。




ここから先の話は、私の言いたい事が分からない人も多いかもしれない話を書きます。
嫌な気持ちになる等したら無理に読んで欲しいとは思わないけど、苦にならなければ最後まで読んでもらえたら嬉しいです。





この記事の最初の方で私は自虐的だと書きましたが、具体的にどんな状態になるかというと
友達と楽しくしゃべっているだけなのに、凄く不安になる。
不安になってきて、気がつくと相手に不快感を与える事をしている。
どんな事をしてしまうかと言うと、突然笑い出したり
自分でも訳の分からない事を喋っていたり。
相手の自分に対しての感情がネガティブになっている時は、とても悲しくなっている自分と、安心している自分がいる。


なぜだろう?
悪く思われてないと、不安で不安でたまらない。

かと思えば
自虐的な自分が、空しい。


自虐的な自分を直したいとは思っている。
このままでいても、プラスになる事はない。
何より
このままでいたら、もっと時間が経った時
卑屈で卑屈で、空しくてどうしようもなくなる時が、絶対くる。
今ならまだ直せるけど、もっと時間が経った時に直そうとしても、かなり難しいだろう。
でも、どうしたら自分を好きになれたり、大事にできるようになるだろう?
一番肝心な、「そこ」が分からない。


なんで私は、自分が自虐的になってしまったのか、考えてみた。
この記事の最初に「随分長いこと嫌な思いをして過ごしてきてしまった」と書いたけど
私が嫌な思いをした時、真摯に接してくれる人がいたら、私は自虐的でいないと不安になる事はなかったと思う。

ちなみに、今までの私を心配してくれた人はいたけれど、「ここ1番!」の時には私を突っぱねた。
悪意はない。冷血な訳でもない。
ただただ、どうしたらいいか分からなかっただけ。



私は自分が嫌いです。
自分は必要とされない人間だと思ってます。
今まで、何度も死のうと試みた事がありました。でも、怖くて駄目でした。

誰かから自分が好印象を持ってもらえたと感じると、嬉しいとも思うのに
嬉しいと思うと同時に、不安で不安で仕方がなくなって乱暴な気持ちになります。
そんな自分に、嫌気がさします。




直すなら今のうち。
でも、どうしたら直す事が出来るだろう?


自分を大事に出来るようになる為に、今の私が分かっている事は
「自分は、嫌な思いさせられて当たり前な人間。」とか、ネガティブな自己概念を絶つ事。
あとは、自信がもてるような事を繰り返しやっていくしかないんだろうなって思う。




自分を大事にするって、どういう事かって事と他に
「自分を大事にする」事と
「自分を甘やかしている」事の境目も、よく分からない。
多分、万人共通の基準なんてものはなくて、各々の考え方とかで違うものである事は確か。
どこまでが大事にしてるって事で
どこからは、甘やかしてる事になるのやら。


私が自分を甘やかすのではなく、自虐的な自分から脱却して
自分を大事に出来るようになるまで、どれほどの時間が必要なのかは分からないけれど
もういい加減、辞めなくてはいけない。
自分で自分を虐めるのは。


自分を大事に出来る事は
自分の周りの人を大事に出来る事にも、繋がるし。